製番発注

 

計画ロット(受注ロット)単位に 部品展開を行いロットに必要な部品を此処に購入する。 

 

長所

 

短所

 

    ダイナミック製番  MRP発注

 

            ※ 品質ロット追跡には 製番発注が必須との考えがありますが 私たちはMRP処理で展開して 
                 品質ロットはトレース系で追跡するのが正しい遣り方と考えています。

戻る