MRP とは   


 受注(生産計画)製品を作るために使用する部品の所要量を求め 発注ロットを作る、 所要量展開は日別単位が基本 時間帯の場合もある

  展開都度 部品毎の在庫を加味し、発注ロット作成時には 発注設定条件(最小発注単位など)に従う。 


                                    ※  製番発注では在庫引当は行わないが基本の考え  

 

         こんな処理になる

管理する工程イメージ

 

長所        実際の物の流れに素直であり 先入れ先出し管理が守れる。 

              部品を納品する側の都合も加味し 全体とし最大合理性の追求が可能 (全体コスト最低の追求が容易)
 

短所        ハンド処理では実現が大変  コンピューター処理が必須

              製品ロット と 部品の購入ロット の関連が粗の為 コスト積み上げが単純に出来ない。

 

        製番発注とは

        御参考 ダイナミック製番  --- Mrp_on_PCが提供する製品と部品のロットリレーション

 

戻る