セントラルヒーティングシステム    温水循環による

 

            私が設計した稼働中のシステムです、20年程の稼働実績あり 使用体験を元に設計改善

 

  1. 全体コントローラー回路        1998年 再構成しました。

        考え方    ・ 各部屋からのON/OFFコマンドで部屋対応リレーをON/OFF
                     ・ 各部屋リレーのON/OFF で ボイラーON信号 と 各部屋のお湯バルブON/OFF
                     ・ 各部屋対応リレーON信号の合算で ボイラーONリレーをON
                                リレーは2種類 各部屋対応リレーと合算リレー
                     ・ ボイラーONリレーは 各バルブへの給電もON/OFF
                     ・ お湯バルブの状態表示をランプで行う
                     ・ 各部屋のON/OFFをルームサーモの状態に関わらず表示パネルに一括表示
                     ・ 24時間プログラムタイマーが二つあり 各部屋はどちらかのタイマーを選択できる。一日の運転時間を選択

     
  2. 灯油ボイラー        四代目のボイラーです。 ガス化タイプ  インターネットで購入すれば正価の半値
                              給油落差の設定に要注意 (ガンタイプボイラーに比較して)
     
  3. オイルサーバー     オイルの安定供給の為に追加

                            450Lの灯油タンクからの直接給油も可能ですが 
                            満タンからの給油 と 空寸前からの給油で 給油落差でボイラー不調になり追加
                            現在は ボイラーへの給油落差 常に1メートル確保
     
  4. オイルフィルター        水対策で追加

                            400Lのオイルタンク ドレインから定期的に廃油してるときには問題なし
                            廃油を忘れ ボイラーに異常発生し追加 
                            インターネット購入 3000円弱
     
  5. パネル放熱器        マイルドに部屋を暖めます、日向ぼっこしてる感じがします。立ち上がりが遅いのでタイマー運転必用
                                        窓の下に取り付けるのが良い

                            放熱器としては 他に

                            ・ ファンコンベクター  −−− ファンを使い空気の循環で暖める

                                            最初のシステムで使用経験ありますが フィルター掃除が必用、暖かさにマイルド感が有りません。
                                            暖房の立ち上がりは早い

                            ・ 床暖房   −−−  足下から暖かに  放熱器の場所が床なので設置場所が隠れる
                                                               現在1つの部屋で使用中  足が温かく成りすぎる
     
  6. 各部屋に設置した 温度調節器と入切スイッチ

                            ・ 常時暖房入り と 24時間プログラムタイマーで入り の選択が出来る
                            ・ ルームサーモの ON/OFFに関わらず 集中的に各部屋のON/OFFがモニターできる。
     
  7. 各部屋へのお湯のON/OFFを行う バルブ −−− リレーからの100Vで稼働
     
  8. 煙突        よく観察しないと煙突とは分かりません、吸排気が可能、給油ボイラーの煙突でもある。

 

    ランニングコスト        洋室10畳×2、洋室12畳、和室10畳を暖房して 1月頃で 400Lの石油消費があります。給湯含めて

                                    (場所は関東地方、窓は二重硝子、断熱材の厚さは100mm以上の木造建築)

                                  参考までに 冬場の電気代は 700KWH前後、LPガス代が2500円前後です、家族は四人
                           

 

戻る