概念の比較

            従来の集中処理型 と パソコンを使った最新の分散処理には 大きな概念の差が有ります。

 

観点
機能別組織 と 集中処理
セル型組織 と 分散処理
発生経緯
人工的
自然界の姿
効率
目的と組織が合致したときは最高
常に無駄が有る
変化への対応
大変
随時対応
システム導入
一気に全体稼働
部分稼働で規模拡大
何に向く
専制的な組織
権限委譲型組織
管理限界
有る
無い
代表的システム
銀行などの集中処理
Web インターネット
処理の方法
バッチ処理を多用
リアルタイム処理で構成
システム停止?
停止が無いことが前提
部分停止を容認
バックアップ
システム全体のバックアップが必要
データーのみのバックアップで可能

 

                    集中処理型と分散処理の異質の世界    他の比較

                    集中管理のデーターは厳選して 全体管理が必要な情報(工場・事業所・会社単位で)

                    構造的に有利なデーターセキュリティへの考え

戻る