システム改善が遅れた会社との業務比較

業務
一般的な企業の業務
Mrp_on_XP 導入で
  集中処理型 P_2_P型
受注処理
アイテム毎手入力
データー取込一括入力
発注処理
製番発注、人手による在庫引当は発注
(製番発注と言っても実態は人手でのMRP管理発注)
MRP展開発注 (ダイナミック製番付き)
発注保証
発注=確定発注
部品の手配手番毎に予定+確定発注
検収
注文番号、検収数など手入力
バーコード利用の検収処理
支払い照合
請求書をチェック
購入詳細を送附し納品側で照合
出荷処理
個々に入力
顧客の検収データで自動処理
売上照合
売上入力で照合
顧客からの売上データでシステム照合
 部品支給 社内へ納品検収後 支給先へ発送 購入先から直接加工先へ納品、代理検収

システム管理

専任の管理要員を確保 専任の管理要員は不要

                                                                                                システムの管理はエクセルを使う感覚で出来ます。
                                                                                                                  (株)マイクロソフトのアクセスベースで開発しています。

    比較その2

 

戻る