GridMRP.com

 

  

 ホームページに戻る

・ 生産計画作成システムの使い方

    メインメニューの項目単位に説明  項目をクリックすると詳細にリンクします。

                                    索引 Index からの検索

メインデーター操作

  1. 日別顧客注文取込            顧客からの注文データーの取込
     
  2. 月単位顧客注文入力           顧客からの 月単位の注文入れ日別に自動展開する
     
  3. 加工部番別 日別生産数            顧客注文データーと生産工程設定から 部番別 日別生産数の算出
     
  4. 加工部番単位生産数                    顧客注文データーと生産工程設定から 工程別 日別生産数の算出
     
  5. 加工部番別 月生産数               顧客注文データーと生産工程設定から 月生産数の算出
     
  6. 生産計画                   月単位の平準生産計画作成
     

        処理フローはこちら

 

パラメーター(日程計画に必用な条件)の設定

  1. 稼働日編集                    自社と顧客稼働日の設定が出来ます。
     
  2. カレンダー選択                受注部品単位にどちらの(自社、顧客)のカレンダーを使うか選ぶことが出来ます。
     
  3. 工程系列設定                 自社の工程系列を設定します。このデーターに基づき工程別日程と工程別生産数を算出します。加工部番とは
     
  4. 工程部番設定                 工程単位に部番設定が出来ます。工程部番とは
     
  5. 工具メンテ間隔設定         保持治具など工程で使用する工具のメンテ間隔の設定、設定することで稼働日が工具のメンテ日になる。
     
  6. 該当商品名称入力           加工品が使われる該当商品名称を入力することで出来ます。



    下記はソフトウエアのバージョンアップ、設定データーの保管に用いる

     
  7. 設定データーの出力            カレンダー、工程加工手番、余裕率、など設定情報を別ファウルに保管します、
                                                ソフトウエアのバージョンアップ 、データーの保管に利用
     
  8. 設定データーの取込            カレンダー、工程加工手番、余裕率、など設定情報を保管ファイルから取り込みます、
                                                取込実施で以前 に取り込んだ情報で上書きされます。

 

 

戻る