索引 (Index)

 

MRP = Material Requirements Planning の略称

 

発注所要量展開時に毎回 ”在庫引き当て” 続いて ”最適発注数処理”を行う、

発注部品は処理単位毎合算になります。

これで過剰発注を無くし 且つ 適正価格での購入を実現

        処理単位の決め方    大きく取ると ---   部品納品後使用工程への分配が発生。 同一部品が複数置き場に
                                           小さくすると ---  メーカーが工程単位に納品 ロットが増える。品質トレーサビリティは良好   

               

MRP処理 の イメージはこちら                                         

                    実際の処理サンプル  稼働日の処理サンプル まとめ処理サンプル 一部納品後の再展開サンプル

 

MRP発注の利点

戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に詳しく MRP_on_XPの処理は    <この処理をパソコンで高速にできるのが大きな特徴です>            戻る

 

 

 

 

 

 

 

戻る